銀行が融資決定を行う際の仕組み

銀行と企業とは切っても切れない関係で、いかなる企業も融資がストップすれば、企業の血液となる資金の流れが絶たれ立ちゆかなくなります。そのため適切なタイミングで適切な額の貸し付けを受けるということはまさに生命線なのですが、両者とも当然利益を追求し、損失を避けるという目的は同じなので、企業同士の利害という意味合いで考えていく必要があります。そのためこれから資金調達を行う企業や個人事業主の方は、融資を行う際の仕組みを十分に理解しておく必要があります。

銀行は貸し倒れのリスクを避け、安定的に資金の回収を図るために企業に対して相応の理由付けと返済の将来性を求めます。つまり企業は借り入れた資金で何を行いどのような形で業績に寄与するのか、さらには将来的にそうした借入金を返済出来るのかということを判断を行う担当者や役員に理解してもらう必要があります。こうした一連の将来性の提示とその確認が成立することが、より多くの資金を回転させ、利益を追求するための貸し付けの流れとなるのですが、当然その中には金利面や貸し付け可能額などで企業同士の差が生まれてしまいます。このように資本主義では文字通り命となるお金を貸す側の利害や仕組みを理解しておくことが重要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ