銀行で行う融資業務の仕事とは

銀行の行員が行っている融資業務には法人や個人に向けた金融サービスの提供があります。

事業資金の運用をするなどの用途で現金を直接的に借りたり、手形割引や住宅ローンなどを申請する場合に金融機関でサービスを受けられます。現金で借入れを行う場合、個人や法人がカウンターで申し込みを行って、行員と打ち合わせを行いながら審査や面談を行います。

行員は借入れ希望者の年収や職業などの条件を審査して、返済期間内で返せるかどうか判断しながら融資可否を決めます。返済できない相手に融資を続ければ銀行経営に大きな影響を与えますので、審査業務は信頼できるかどうかを判断する重要な仕事です。審査に通過した場合、希望者との契約を行い、融資額を入金する手続きに入ります。

法人の場合は個人より融資額が大きくなります。その際も基本的に見る部分は同じ、信用です。事業の概要やその事業の売り上げ、利益などを考慮しながら、決算資料や登記関連の書類などを元に遅滞なく返済してもらえるのかを推しはかります。売上は大きくても利益が少なかったり、不明朗な経費の使い方をしていたりするような場合は信頼性に疑問が残りますので審査は通らないか通っても希望額をグンと減らされることになるでしょう。また、借りる側は、担当業務に携わっている行員との良好な関係を築く意識も重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ