法人が銀行から融資を受ける際の注意

事業を営んでいく上では、十分な資金を用意しなければなりません。特に、法人としての信頼を獲得するためには、資金不足というのは絶対に避ける必要があります。そこで、銀行から融資を受けることになるのですが、法人が銀行から融資を受ける際は、さまざまな点に気をつけることが大切です。やみくもに融資の申込をしても、銀行は簡単に貸し出してくれません。

まず、銀行と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。いわゆるメガバンクと呼ばれる大手の銀行もあれば、特定の地方での業務を手がけている地方銀行などもあるのです。どのようなタイプの銀行で融資を申し込むかによって、気をつけるポイントが変わってきます。メガバンクの場合は、しっかりとした資料を用意して、担当者を納得させることが大切です。

地方銀行に融資を申し込む際も、もちろん資料を用意したり、説得力のある説明をしたりすることは重要です。しかし、メガバンクとの大きな違いは、担当者と良好な関係を築くことができているかどうかで、融資の成否が変わってくる点です。特に、支店長などと接点を持つようにすると、成功しやすくなります。

また、これは銀行の場合に限りません。信用金庫も地元密着で営業をしていますから、普段からの付き合いの程度が融資審査の際はものを言います。こういう時のために不要な借り入れをわざわざしている経営者もいるくらいです。

いずれの場合でも、法人として融資を受けるためには、きちんと書類作成を行い、丁寧に説明していくことが重要なポイントです。

20160220160712

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ