銀行から融資を受ける時の金利の比較

銀行から融資を受ける場合、規模の大きさや経済などの動向で借りる額に含まれる金利は大きく変わります。最近ではマイナス金利導入で住宅ローンなどの金利はさらに下げられる方向であり、史上最低金利を更新し続けています。

都市銀行などの大きい銀行と地方銀行などの比較的規模が小さい銀行を比較すると、大きい銀行では利用するお客様が多い分、お金を借りる人が小さい銀行よりも多くなります。従って、大きい銀行では利息の割合(利率)を低くしても経営が成り立ちやすいといわれています。
一方、小さな銀行では利率の面ではあまり下げ幅は取れませんが、多少高めでも普段から密度の濃い付き合いをすることが可能であるために融資を受けやすい傾向にあるという見立てもできます。

このようなことを踏まえ、銀行融資を検討する場合には、住んでいる場所の近くにある銀行をいくつかピックアップし、銀行としての規模などを比較して自分の用途に合った借入先を探すとよいでしょう。闇雲に融資審査を申し込んでみても申し込み履歴も確認されますので、大銀行などは申し込みを立て続けにしているというだけでシビアな判断をする場合があります。よって、融資が下りるか心配な方はまず大銀行に申し込み、そこがだめなら地元の地方銀行というような順序で融資審査を受けるとよいです。

借りる側からすると少しでも審査が通りそうなところ、高い限度額を設定してくれそうなところに申し込みをしたいところですが、このことを判断するのは簡単ではありません。

実際には融資審査を申し込んでみて収入や職業などの条件(属性といいます)によって可決か否決か判断されます。一般のサラリーマンが得る程度の収入があれば十分審査に通ることもありますし平均以上の収入があるのにちょっとしか限度額が設定してもらえない場合もあるわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ