銀行から融資を受けるには審査が絶対条件

当たり前のことですが、闇金に申し込む人が絶えないのであえて書きます。

銀行から融資を受けようと思えば、融資審査を受けないことには絶対にお金を借りることはできません。街金と呼ばれる貸金業者の中には、審査がない無審査融資をしているところがありますが、それらの貸金業者は例外なくおかしな団体であり、無審査でお金を借りることはあり得ないことと心得ましょう。そういうところはそもそも法律を無視していますので、いったん借りたら最後、あの手この手でお金を絞り上げようとします。最初に聞いていた金利が知らないうちに上がっていた、法定利息を超えていたなんていうことも当たり前のように行われます。

金融機関から本当にお金を借りたいと思っているなら、審査は当然のように受けることですから、本人確認書類や融資が必要な理由などを準備しておかなくてはなりません。

銀行などの融資審査は確認作業が主体であり、現時点で得ている収入、勤務先、過去の借入状況と返済状況、資産の保有状況などを勘案して決定されることになります。

銀行によって審査基準は異なっているので、落とされることもあれば、同じ条件で融資を受けられることもあります。融資を申し込んでいる人をどのように判断するかは各行の審査基準によってまちまちですが、個人向け融資であるカードローンの場合はアコムやプロミスといった大手消費者金融が保証をしている場合が珍しくないので、審査基準はそれらの大手消費者金融の与信基準とさほど変わらないともいわれています。

融資を受ける側があらかじめ準備できることは限られていますが、融資の審査を受ける前にしっかり確認を取っておいて、申し込みにおいて間違った情報で申し込まないように気をつけることです。特に借り入れ状況については銀行側にはガラス張りになっているので下手にウソをつかないことが肝要なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ