銀行の個人向け融資が受けやすい為の工夫とは?

銀行の融資には、受けやすい人とそうでない人がいる事は事実です。住宅ローンなどの場合は、年収や勤務形態、勤続年数などを考え融資の有無が判定される事が多くなっていると言われていますが、これは住宅ローンに限った話ではありません。銀行融資の中でも最近めっきりと存在感が増してきたカードローンもやはり収入や勤務先関連の情報次第で融資が受けやすかったり受けにくかったりします。
収入は少ないよりは多いにこしたことはありませんが、収入が多くても借金がそれ以上に多ければやはり融資審査は厳しい結果になってしまうでしょう。逆に収入がパート収入程度であっても他社からの借り入れがない、もしくは微小な場合は審査は有利に動きます

また、借金は多少あっても、車や不動産などの担保価値のある資産を持っていれば融資の可能性はぐんと上がるわけです。

こうした状況を踏まえ、銀行融資を勝ち取るために個人がより重視したいのが他社の借り入れ件数です。
銀行融資、特に個人向け融資の場合、他社からの借金が総額いくらあるのかということよりも、何社から借り入れをしているのかといったことの方がより重視される傾向にあります。

これは消費者金融などの貸金業者が融資判断をする際の重視ポイントと同じなのですが、一般的には3社程度までは融資可、4社以上から借り入れている場合は融資不可となるケースが多くなります。
もし、他社からの借り入れ件数が4社を超えているような場合は、既存の借り入れ枠を増額してもらうなどして借金総額は変わらなくても借り入れ件数は減らしておいてください。3社以下でないといけません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ