銀行融資(カードローン)の最高額は?

個人向け融資として銀行がカードローンの取り扱いに本腰を入れ始めて何年も経ちます。
当初は100万円、200万円といった額が限度額の最高でした。個人が無担保で保証人も立てずに借りるわけですから100万円とか200万円の上限設定でも十分に高額融資の範疇でした。
(保証人は厳密には保証会社がなっています)

一方、消費者金融は個人向けの融資がメイン事業ということもあり、限度額をジワリジワリと上げていき、数年前には300万円あたりが一般的になっていました。当時、消費者金融といった貸金業者の多くは貸せるだけ貸していましたから、何もなければ300万円が400万円に、それが500万円にというようなステップをたどっていったかもしれません。

しかし、そんな個人向け無担保融資の市場にも変化が訪れます。

年収を基準に一定以上の貸付を禁じる規制が入ったのです。

この規制は個人に対する貸金業者の融資を厳しく制限する法律です。貸せるだけ貸していた貸金業者に対して自制を課した法律ともいえるでしょう。具体的には年収の3分の1以上の融資を禁じています。これにより、消費者金融では最高限度額を引き上げる意味がなくなってしまいました。なぜならこの規制があるかぎり、それほど多くを貸し付けるわけには行かなくなったからです。

例えば限度額の最高を500万円にしたとして、500万円の限度額を適用するには利用者は最低でも1500万円の年収がなければいけません。1500万円も年収がある人の多くは消費者金融のお世話にはならないでしょうから限度額を引き上げる意味が薄れてしまったわけです。

一方、銀行はどうかというと、銀行は貸金業法の対象外です。
つまり、銀行の場合は利用者の年収による法的な制限なしに融資をすることができます。ということは、借金が多くある人に対して500万、600万、あるいは1000万円といった融資をしても法的な問題はないわけです。

折しもカードローンを複数利用して多重債務状態にある人が増加していた時期でもありましたから、それらの人を借り換え需要として取り込んでいくには絶好のタイミングだったといえます。

今現在、銀行カードローンの多くは限度額を500万円にしていますが、住信SBIネット銀行やみずほ銀行を始めとした”借り換え需要取り込み戦略”をとっていると思われるところはより多くの融資ができるよう、限度額を800万円とか1000万円としています。

限度額800万円の銀行融資(カードローン)

銀行名 融資商品名 所在地
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 東京都千代田区
岩手銀行 カードローン〈エルパス〉 岩手県盛岡市
群馬銀行 ナイスサポートカード 群馬県前橋市
埼玉りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 埼玉県さいたま市
スルガ銀行 リザーブドプラン 静岡県沼津市
近畿大阪銀行 近畿大阪プレミアムカードローン 大阪府大阪市
紀陽銀行 紀陽銀行カードローン 和歌山県和歌山市
但馬銀行 たんぎんカードローン スピードポケットプラス 兵庫県豊岡市
四国銀行 フリーカードローン 高知県高知市
静岡中央銀行 しずちゅうCSカードローン 静岡県沼津市
みなと銀行 カードローン「Qポートネオ」 兵庫県神戸市
愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン 愛媛県松山市
長崎銀行 ながさきカードローン「プレミアA(エース)」 長崎県長崎市
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 東京都千代田区
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 大阪府大阪市
北海道銀行 カードローン ラピッド 北海道札幌市

===============

限度額1000万円の銀行融資(カードローン)

銀行名 融資商品名 所在地
横浜銀行 横浜銀行カードローン 神奈川県横浜市
大垣共立銀行 ザ・マキシマム 岐阜県大垣市
広島銀行 スーパーカードローンVIP 広島県広島市
鹿児島銀行 かぎんカードローンS(エス) 鹿児島県鹿児島市
北洋銀行 カードローン スーパーアルカ 北海道札幌市
仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」 宮城県仙台市
福島銀行 カードローン「グラン・フリー」 福島県福島市
トマト銀行 トマト銀行カードローン「Q-Li(キューリ)」 岡山県岡山市
高知銀行 こうぎんセレクトローン ZEYO 高知県高知市
南日本銀行 なんぎんWAZZECA(ワッゼカ) 鹿児島県鹿児島市
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 東京都新宿区
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン プレミアムコース 東京都港区

目下、日本の銀行カードローンで融資限度額最高が一番高いのは住信SBIネット銀行の1200万円です。これ以上の個人向け融資となると住宅ローンなどになってきます。それに、個人の多目的融資で限度額が1200万円ともなると返済の負担も馬鹿になりません。実際に1200万円の限度額を適用されるとなると、殆どの人にとっては現実味がない話だといえるでしょう。

しかし、限度額をチェックするのには別の目的もあります。
何かというと、それは金利水準です。

カードローンの金利は多くの場合、一律ではなく限度額のラインによって変わってきます。例えば100万円未満の限度額は15%、100万円以上200万円未満なら12%、200万円以上300万円未満なら9%といった具合です。

この金利水準が、限度額が高額なところほど低めになってきます。例えば限度額最高が300万円のところで100万円借りるのと、限度額最高が1000万円のところから100万円借りるのでは、1000万円のところのほうがより低金利で借りれるということです。

ゆえに、多くの人にとっておおまかなカードローン選びのポイントを言うならば、最高限度額がより高いところが良いということになります。

営業エリア関係なく日本全国どこからでも申し込めるカードローンであればみずほ銀行カードローンということになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ