銀行融資で最速最短で借りれるのはどこ?

銀行融資、それも無担保融資の代表格であるカードローンは、以前は即日融資をどこも謳っており、最短最速といっても甲乙つけがたい面がありました。

審査回答も最短で30分とか、消費者金融並みのスピード感をウリにしている銀行が珍しくはなかったわけです。

しかし、銀行カードローンの貸しすぎ批判が新聞やネットメディアを賑わすようになると、銀行各社は一斉に即日融資といったアピールを取りやめました。必要以上に敷居の低さをアピールすることをやめたわけです。

今では、全国展開しているカードローンで即日融資を明確に謳っているところはありません。

【最短・最速】なぜおすすめか?

銀行カードローンの場合、保証会社が審査まで代行するという形をとっているケースが少なくありません。保証会社とは文字通り保証をしてくれる会社のことです。カードローンは銀行融資であっても担保・保証人不要というのが当たり前ですが、保証人の部分については実は保証会社がなってくれているわけです。そのため、保証会社による審査が必ず入ってきます。

その保証会社ですが、いくつかパターンがあります。
まず、銀行の子会社である保証会社が保証するパターン。例えば、千葉銀行から融資を受ける際にはちばぎん保証(株)という保証会社が保証をしてくれます。似たような事例は他にも多数あります。

例)
青森銀行⇒あおぎんカードサービス㈱、七十七銀行⇒㈱七十七カード、群馬銀行⇒群馬信用保証㈱、足利銀行⇒足利信用保証㈱・・・他多数

次に信販会社が保証会社に入っているパターン。これは例えばJCBやオリックスクレジット、オリエントコーポレーション(オリコ)などが保証会社に入っているパターンでこれもいくつでも例があります。

例)
七十七銀行77ミニカードローン⇒ジャックス、武蔵野銀行シグナス⇒オリエントコーポレーション、東京都民銀行Webカードローン⇒JCB、第四銀行Dスタイル⇒セディナ・・・他多数

そして最後が消費者金融大手が保証会社に入っているパターンです。アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社に入っている銀行カードローンもいくつもあります。SMBCコンシューマーファイナンスが数としては一番多いようです(2015年6月時点)。

例)
三菱東京UFJ銀行バンクイック⇒アコム、三井住友銀行カードローン⇒SMBCコンシューマーファイナンス、沖縄海邦銀行くじらくん⇒アイフル、北越銀行べんリーナ365⇒SMBCコンシューマーファイナンス・・・他多数

では、どれが審査が早いかというと、これはやはり消費者金融が早いです。

そもそも、銀行が消費者金融を傘下に収めたのも、個人向けの融資審査のノウハウが豊富だからです。傘下に収めることで個人向け融資部門を伸ばしたいという思惑があったからといわれています。

消費者金融は迅速審査・迅速融資をウリに業績を伸ばしてきたわけですからそこが保証会社に入り、審査の重要な部分を担っているとなると、その銀行融資の審査自体が非常にスピーディになります。当然、従来の銀行融資よりも融資実行までのスピードが速いです。

現在は即日融資とか審査最短◯分といったあからさまなアピールをしているところはありませんが、ちょっと前であれば『審査最短30分』と消費者金融並みの速さをアピールしている銀行もありました。保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やアコムなどの大手消費者金融だからできるスピード審査だったのでしょう。

では、今では即日融資はどうかというと、はっきりと謳っているわけではありませんからなんとも言えないのが実情です。しかし、即日といった期間を除いて考えても、銀行カードローンで最短・最速で融資を受けようと思うのであれば、やはり大手消費者金融が保証会社に入っている所がおすすめです。

申込はネットからが最速

実際に融資審査を申し込んでみて、その後の過程がどのような感じなのかは外部からはわかりませんが、多くの銀行カードローンをチェックしてきた感じからいえば、ネット申し込みが一番早く処理されるようです。

たとえば某大手銀行では、公式サイトを見てみると、審査~融資までの手続きが一番早いのはネット申し込みとなっています。

某大手銀行の審査回答までのスピード
ネット申し込み・・・最短で即日回答
店頭申し込み・・・原則翌営業日回答
電話申し込み・・・原則2~3営業日後の回答

これはやはり、ネットからの申し込みだと申し込み入力から審査完了までのステップが自動化されている部分が多いからだと考えられます。手作業が入ってくるとどうしても処理スピードは遅くなります。

早く審査結果を知りたい、早く融資を受けたいという人はネットからの申し込みがおすすめです。

審査が早いことと融資実行が早いことは微妙に違う

ネットから申し込むのが素早い融資を受けるための近道とご案内しましたが、厳密には審査回答と融資実行とでは意味合いが異なります。当然、審査回答してから融資実行するまでもある程度の時間、日数は必要です。銀行のカードローンの中には審査は即日回答でも融資実行までには数日かかるというようなところもあります。

例えば銀行の中には、審査は最短即日回答となっていますが、実際に融資が実行されるには通常4~5営業日程度は最低でもかかると記載されているところもあります。

公式サイトには即日審査可能と表記されていますが、これはあくまでも1次審査が最短で即日回答の場合があるというだけで、その後、本人確認、在籍確認、契約内容の確認、書類の提出などの手続きが必要です。これらをトータルで考えた場合、その銀行カードローンは営業日ベースで5日前後はかかるということです。

以上のようなことを踏まえ、それでも最短で借りれるところを探すのであれば、見るべきポイントは一つ。

保証会社が大手消費者金融か否か

になります。もちろんこの条件をクリアできていたとしても、即日融資が可能というわけではありませんが、素早い審査をしてくれる一つの目安にはなるといえるでしょう。

>>当サイトおすすめの銀行融資(カードローン)<<

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ