銀行融資のカードローンと消費者金融、金利はどっちが低い?

20160509223821銀行融資としてのカードローンと消費者金融のカードローンとでは、どちらが金利が安いでしょうか?

もちろんどちらも利率には幅があるわけで、一概にどちらが低いということはできませんが、それでも大まかな傾向というものはあります。

世間一般的には銀行のカードローンの方が低金利であるとされています。
日本ではほぼすべての銀行がカードローンという名の個人向け融資を扱っていますが、そのほとんどが金利は4.0%~15%前後です。一方、消費者金融の場合は多くの場合4%~18%程度というのが相場です。
一般的な融資利率で比較して考えるならば、消費者金融の利率の方が3%程度高めということもできます。

ただし、各社の融資利率を細かく見ていくとそれほど差がないということもいえます。

例えばじぶん銀行やジャパンネット銀行は低い方の金利(下限金利)こそ2%台とかなりの低金利を謳っていますが、高い方の金利(上限金利)はどちらも18%程度です。

じぶん銀行カードローンの金利 2.4%~17.5%
2016年4月時点
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0%
2016年4月時点

何度も言いますが、低い方の金利・・・

この場合だとじぶん銀行なら2.1%、ジャパンネット銀行なら2.5%

・・・で借りられるのは“借りては返済して”を延滞なく続けた人で、融資枠が何度か増額してもらえ、借り入れ限度額の最高額まで増額してもらえたほんの一握りの人のみです。

融資限度額の最高額というのはじぶん銀行であれば800万円、ジャパンネット銀行であれば1000万円です(2016年4月時点)。ここまでの融資枠をもらうにはかなり高いハードルを越えなければなりません。

また、始めてこれらの銀行から借り入れる人は、まずそんな高額を融資してもらえませんし、金利も低い方の金利ではなく高い方の金利が適用されるのがほとんどです。

ということは、じぶん銀行やジャパンネット銀行で初めて融資をしてもらう人は、アコムやプロミスで借りるのとそう差はないということになります。

ちなみにアコムもプロミスも上限利率は18%程度です。

アコム 4.7%~18.0%
2016年4月時点
プロミス 4.5%~17.8%
2016年4月時点

始めて借りるのであれば、金利の面では消費者金融も銀行融資も大差ありません。急いでいる人の場合はアコムやプロミスの方が間違いなく融資実行までのスピードは速いでしょうし、数万円といった額であればアコムやプロミスは最初のみ無利息で借りられるのでこちらの方がお得に利用できます。

要は、融資してもらいたい額はいくらで、いつまでに必要なのかをはっきりさせれば、必ずしも銀行融資ばかりが一番の選択肢というわけではないということです。

20160509224008

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ