北海道銀行カードローンラピッドの融資としての特徴

20160719191517カードローンラピッドは北海道銀行の融資商品の1つで、カードローンになります。
北海道銀行には他にもカードローンを含めた様々な融資商品がありますが、このラピッドがスペック的にも、知名度的にも抜きん出て高いようです。申し込み可能エリアも全国となっていますから、地方銀行によくありがちな営業エリア内からしか申し込めないといった縛りはありません。

ginkoubana

年齢条件は70歳未満

20160719191836カードローンラピッドは70歳未満であることが年齢の条件となっています。下の年齢はもちろん20歳以上ということになります。カードローンですから20歳以上から申し込めると言うのはどこも同じですが、上限年齢については各社とも様々な取り決めがされています。一般的には、60歳程度から65歳前後を上限に定めているカードローンが多くなっています。銀行によくある教育融資や住宅資金融資などの融資商品ではもっと年齢上限が低くなっていることも珍しい話ではありません。その点、カードローンラピッドは70歳未満を上限年齢にしていますからある意味、高齢者向けのカードローンといった見方もできないわけではありません。

保証会社はアコム

カードローンラピートの保証会社は消費者金融のアコムになります。アコムは北海道銀行のほかに青森銀行、山形銀行、岩手銀行といった東北地方の地方銀行や三菱東京UFJ銀行といった大手メガバンクのカードローンの保証会社も請け負っています。アコムに限らず他の消費者金融も多くの銀行のカードローンの保証会社を起きようっていますから、これは特段珍しいことではありません。
逆に保証会社に消費者金融が入ってないところを探す方が難しい位です。

主婦でも利用可能

20160719192051銀行融資の中には主婦は申し込みができないといったケースが多く見られますが、このカードローンラピートでは主婦はもちろん専業主婦であっても申し込み可能と言うことになっています。専業主婦の場合収入がありませんので、返済の目処が立ちません。そのため申し込みの際に配偶者の了解が必要となります。要するに、配偶者が収入があれば専業主婦でも申し込みは可能といった見方で良いでしょう。

限度額の上限は800万円

カードローンラピッドの融資の上限額は800万円です。この金額はカードローンとしては多い方に分類されます。カードローンの場合、少ないところは100万円から300万円程度を上限に定めているところもある位です。銀行のカードローンだと500万円を限度額上限に設定しているところが多いようです。そういった中で上限額の最高が800万円と言うのは間違いなく高額融資の部類に入ります。

金利は2.0%から14.95%

カードローンラピッドの金利は、2.00%から14.95%です。これも現在の銀行カードローンの中では標準的な金利の水準といえます。下限金利が2.00%と言うのは他のカードローンにはない低金利といえます。この水準の下限金利を設定しているところは、他では住信SBIネット銀行や、横浜銀行、じぶん銀行などになります。もっとも、あくまで下限の金利ですから、この金利が適用されるためには相当に良い属性が求められます。他社からの借り入れが少ない事はもちろん、それなりの練習も必要となってくるでしょう。また職業属性も公務員といった比較的安定志向の仕事が融資審査時には好まれるかもしれません。
一方、上限金利である14.95%と言うのはカードローンの金利としてはやや高めかもしれません。というのは、他の多くのカードローンでは大体が、14.0%から14.6%あたりが多いからです。もっとも0コンマ何%といった次元の話ですから、よほど多額のお金を借りるのでなければさほど気にすることはないといえます。

まとめ

以上、北海道銀行カードローンラピッドの特徴について見てきましたが、下の金利を2.0%に設定したり、1万円からの借り入れが可能だったりと明らかに他の銀行カードローンとの差別化を意識しているような内容となっています。北海道銀行と言う事ですから北海道エリア以外の方にはほとんどなじみのない銀行ではありますが、融資スペックだけ見るのであればネット銀行や大手メガバンクに遜色ないスペックを誇ります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ