迅速審査のカードローン融資は銀行でも可能

20151217165803普通に暮らしているのに日常生活の中である日突然まとまった額のお金が必要になる・・・これは決して珍しいことではありません。

こういう場合、以前は個人が銀行融資でお金を借りようと思っても、審査の申し込み手続きや審査そのものに時間がかかってしまい、必要な時に必要なだけ融資を受けることができないというケースもよくある話でした。

担保や連帯保証人をつけるのも昔の銀行融資であれば当たり前であり、企業経営をしているような人しか銀行融資は受けられないと思うのも仕方のないことでした。

しかし、現在は銀行融資を利用するケースは様々であり、企業経営をしている人のみならず普通の一般個人としても銀行から多目的融資を受けるケースは増えています。

そのような場合に力強い味方になってくれるのが個人向け無担保融資の代表格であるカードローンです。

銀行のカードローンも以前と比べると審査や手続きが迅速になり、融資スピードが上がってきています。

もちろん、そうは言っても即日融資や即日審査などに特化した”スピード融資のプロ”とも言える消費者金融ほどではありませんが、必要書類をチェックしておくなどのちょっとしたコツを知っておくだけで大手銀行やネット銀行などでは数週間も待たされることは随分と少なくなりました。

当サイトでは、そんな来店不要でいつでも申し込めて、審査や手続きも業界内では早いと評判の銀行カードローンをおすすめしています。

リンク先は各カードローンの公式サイトになりますのでそのまま申し込みも可能です。

どのカードローンも申し込み入力はカンタンで、早い人で10分以内、遅い人でも20分もあれば完了するでしょう。

オススメのカードローン[銀行編]

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行は”即日融資”ではなく審査が最短即日回答可能なカードローンになります。融資までの実行速度は早いに越したことはありませんが、結局のところは審査が通過するのか否決なのかが利用者にとっては一番の関心事です。銀行の審査結果さえ早くわかればその後の対応は決まってくるわけですから「必ずしも即日融資にこだわる必要はない」という人にはオリックス銀行のようなカードローンで融資を受けることもおすすめです。
下限金利の低さ、限度額の高さなどで人気です。限度額最高800万円は銀行カードローンの中でも高額な部類に入り、様々な資金ニーズに対応可能です(事業性資金除く)。もちろん担保・保証人不要で利用可能です。
実際に利用した人の口コミ情報などから勘案すると、公務員やサラリーマンといった安定的な収入を得ている30代~50代あたりの人が良い結果が出ているようです。自営業の方も収入の状況次第といえるでしょう。一方で主婦、あるいはパート・アルバイトといった、収入がそれほど多くないケースだと審査は厳しめだとも言われています。学生さんも同様にあまりおすすめではありません。
銀行融資の審査は借入額と収入額のバランスが重要視されます。自分の収入でオリックス銀行のカードローン融資が利用できそうかどうか、具体的には返済が問題なくできるかどうかをよく検討してみてください。

金利帯 1.7%〜17.8%
審査 最短即日審査
保証人・担保 不要
年会費・手数料 なし
限度額最高 800万円
年齢 満20歳以上69歳未満
必要書類 公式サイトにてご確認ください。


オリックス銀行融資

 
20151217205537

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンもメガバンクということで人気が高いカードローンです。特に、金利の面ではカードローンの中でもかなり低金利な部類に入っており、人気は急上昇中です。
融資限度額最高が800万円というのはカードローンの中でも最高クラスであり、高利な借金の借り換えといった需要にも対応可能なスペックを兼ね備えています。

金利帯 2.0%〜14.0%
審査 来店不要
保証人・担保 不要
年会費・手数料 なし
限度額最高 800万円
年齢 満20歳以上66歳未満
必要書類 公式サイトにてご確認ください。


みずほ銀行融資

 

20151217205537

三井住友銀行カードローン

日本を代表する大銀行、三井住友銀行のカードローンです。
金利水準は一般的な銀行カードローンと同水準ですが、こちらもメガバンクで知名度が抜群なこともあり、常に人気があります。規模感も申し分なく、都市部における利便性が高いのでお金の引き出しや返済などで利用するATM網も充実しています。
限度額は800万円ですから個人の借り入れとしては充分な額で、対象年齢も満20歳以上満69歳以下となっています。銀行のカードローンは60歳前後、65歳前後が多いですがこちらは69歳までOKとなっていますから大手銀行としては間口が広いといえるでしょう。

金利帯 4.0%〜14.5%
審査スピード 迅速
保証人・担保 不要
年会費・手数料 なし
限度額最高 800万円
年齢 満20歳以上満69歳以下
必要書類 公式サイトにてご確認ください。


三井住友銀行融資

じぶん銀行カードローン

jibun200じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と同じ金融グループに属しているネット専業銀行になります。金利の見直しにより、下限金利はカードローンの中でも低金利の部類になっています。この下限金利の低さから人気を集めているのですが、一般の方のみならずauユーザーの方だとさらに利率が低くなるau割があります。融資限度額最高は800万円ということで、カードローンの借り換えを検討している人にも大変人気の高いカードローンです。

金利帯 1.7%〜17.4%
来店申込み 不要
保証人・担保 不要
年会費・手数料 なし
限度額最高 800万円
年齢 満20歳以上70歳以下


じぶん銀行融資

 
20151217205537

 
 
 

カードローンには大きく分けて消費者金融のカードローンと銀行のカードローンがあります。消費者金融はさらに独立系と銀行系とに分けることができます。独立系で有名なのはアイフル、銀行系ですと名の知れた消費者金融はほとんど銀行系になります。

アコム⇒三菱東京UFJ銀行と同系列
プロミス⇒三井住友銀行と同系列
モビット⇒三井住友銀行と同系列

即日融資ということで考えると、かつては融資審査を申し込んでから借り入れまでのスピードでは消費者金融のカードローンが圧倒的でした。申し込んでから1時間後にはお金が貸してもらえる、そんなことも当たり前だったのです。

一方、銀行はどうかというと、手続きのために支店に出向き、個人向け融資の担当者に手続きの仕方や融資が必要になった理由を説明し、書類その他をあれこれ揃え、それで審査には2週間も3週間もかかるということがよくありました。

ところが、最近では銀行のカードローンも審査スピードを上げてきています。これは同系列の消費者金融の審査ノウハウを得たからだと言われています。

また、金利が低いのが銀行カードローンであると一般的には考えられます。金利のことを考えれば銀行系のカードローンの方を選択したいという話になるのですが、最近では既述のとおり、審査スピードも消費者金融との差が縮まってきていますので、金利が低い分だけ融資を受けるなら銀行カードローンというのが定番になりつつあります。

融資までのスピードについてですが、これはそれぞれの銀行によって違いはあるものの、カードローン審査が迅速に進めば、さほど待たなくても融資を借り入れる場合もあります。

さらにその銀行に口座を持っているなどの条件が合えば、WEB完結申込みといって書類の郵送もすることなくウェブ上だけで申込み手続きを完了させることが可能なところもあります。

最近では申し込みはウェブからという場合がほとんどですが、銀行カードローンの場合は口座開設の手間があるかどうかでかなりスピード感が違ってきますので、そういう点もチェックして申込みをするのがスムーズに融資を受けるコツと言っても良いでしょう。

法人向け銀行融資の審査

法人企業が運転資金などの資金繰りのために銀行や日本政策金融公庫から事業性資金の融資を受ける場合もポイントやコツは同じです。

 融資したお金は返済してもらえるのか

この一点を確認するために銀行の融資の担当は所定の審査を最後までしっかりと行います。

個人と違い、法人や個人事業主の場合は決算書などの収益や資産状況、つまり経営状態をより細かく見る専用の資料が揃っています。ちょっとした企業であれば専門の担当がいるということも珍しいことではありません。

事業を計画・展開していく上で銀行融資が必須になるような法人経営の現場では、期中の早い段階から決算対策を実践し、融資審査に通りやすい内容になるよう様々な対策を行います。

法人向けの銀行融資の場合、一般的には以下の点が評価対象になります。

  • 黒字かどうか
  • 負債と自己資本のバランスは適当か
  • 売上は順調に推移しているか

上記の項目がどれも問題なければ融資なんて受ける必要がないと思われるかもしれませんが、多くの事業にとって一寸先は闇です。いざというときのためにも、計画通り順調に事業が推移しているうちから銀行融資を受けて良好な取引関係を築いておくということも次の展開をスムーズに進める上での大事な戦略の一つといえるでしょう。

また、法人融資を受ける場合は信用保証協会といった保証業務をしてくれる団体などもありますからそういった団体の利用の仕方などもチェックしておくと良いかもしれません。

 
20151217205537

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ