個人向けの銀行融資といえばカードローン

銀行が扱うローンの中で、個人向けの融資商品といえばカードローンです。よく似たものにキャッシングがあります。
カードローンとキャッシングの違いは、一定の融資金額(小口融資の数十万~大口融資の数百万程度)の範囲内で、自由に繰り返し借りることが可能な融資がカードローンであり、キャッシングはクレジットカードなどに付随する少額(1万~50万円程度)の利用可能な融資が該当となります。

融資金額には多少の差はありますが、使用用途が無制限であり無担保融資可能なことは双方に共通することとなります。
大きな違は返済方法にあり、カードローンは一般的な多くは借入れ翌月以降の一定金額のリボルビング返済方式であるのに対し、キャッシングは借入れ翌月の一括返済となることが定義付けられています。

また、融資金額の違いもあることから金利は、カードローンよりキャッシングの方が一般的に高い設定となります。
しかし、定義での違いは明確になっておりますが、最近ではそれぞれのカード会社により、キャッシングにおいてもリボルビング返済方式が利用可能なカードが多くなっており、区別がつきにくくなっています。
利用用途に合わせて選択することが大切になります。

カードローンというと、ネガティブなイメージを持つ人が多いかも知れません。これは「お金を借りる」という事に対して、拒否反応を示す人が多いからと言われています。しかし、急にお金が必要になる事は、誰にでもある筈です。友人や知人の結婚式、祝い事が重なり、給料日までの数日が厳しくなる事もあるでしょう…。このような場合、カードローンを「ノーリスク」で利用する方法もあります。例えば、カードローン会社がキャンペーンで行っている「30日間金利手数料無料」のカードローンに申し込む方法です。給料日に全額返済するつもりでこれらの便利なカードローンを使い、必要な額を借り入れれば何ら「損をする事無く=ノーリスク」で、賢くお金を借りる事が出来るのです。このように便利なカードローン商品は、次第に数を増やして行っています。ぜひ、普段の生活に上手に取り入れてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ