銀行からみた”融資をしたくない人”とは

20170128114944

銀行はお金を融資して利息とともに回収し事業が成り立っています。つまり、貸したくないのに貸しているのではなく、貸したいので貸せる人(または会社)を探しているわけです。

今の世の中は融資で成り立っていると言っても過言ではありません。事業をするには融資を受けるのが常ですし、個人の生活も短期・長期さまざまな名目での融資を受けています。最近ではサラリーマンも不動産投資が流行っているそうで、銀行融資を受けて物件購入をしたりしています。また、カードローンを借りたことはなくとも、クレジットカードを利用したことがないという人は少数派ではないでしょうか。住宅ローンもしかりで、融資はいたるところで行われています。

しかし、銀行も商売。融資したお金がこげつき、貸し倒れになるというような状況は絶対に避けねばならず、そのために審査が行われます。
銀行はその規模によってメインとしている対象客が違っています。大手銀行、いわゆるメガバンクの融資先というのは規模もそれなりにある法人がメインです。個人向けの融資ももちろんありますが、やはり軸足は大手企業や中小でも規模感のある会社ということになるでしょう。
地方銀行になるとエリアの法人や一般個人がメインターゲットになってきます。信用金庫になるとより細かなエリアに絞って個人事業主や地域の住民が対象ですね。ちなみに、地方銀行や信用金庫でカードローンなどの融資を利用する場合は、住んでいる場所や勤務している場所が重要になってきます。支店がカバーしているエリア内でないと利用できないとしているところがほとんどです。

こうした住み分けがあるので、例えば大手銀行の融資審査に通らなかったとしても、地方銀行や信用金庫で審査に通るといったことがおきてきます。それぞれが同じ信用情報を基に判断をしているはずですが、それでも判断の尺度は異なってくるわけです。
しかし、やはりどこの金融機関でも融資の審査には通りにくいケースがあります。銀行からみた”融資しにくい人”についてまとめてみました。

銀行が融資したくない人

・既に他行で審査落ちした人
審査にはそれなりに時間と手間がかかります。その審査の結果が融資不可という結論であれば、それは他の銀行でも同様の判断をされる可能性は少なからずあります。特に融資窓口に出向いて申し込むようなタイプの融資審査は担当者の心象が審査に影響する場合もあるようです。

・年収が低く貯金がない
年収が低くて貯金もできないから融資を申し込むのが一般的な見方だと思えますが、そうした人はあまり審査結果は良くないようです。年収に応じたそれなりの貯金がある、あるいは貯金があったがやむを得ない理由で出費が必要となるので融資を申し込むというケースだと審査にも通りやすいでしょう。

・希望額が高すぎる
年収はそれなりにあっても、返済の比重が高くなってしまうような融資額を希望するケースも審査でシビアにはじかれます。逆に言うと、年収は低くても、融資額がそれほど高くければ審査は問題なく通ることもあるわけです。要するに収入と返済額のバランスが取れていることが重要です。

・転職が多い
アルバイトやヘッドハンティングなどは例外的ですが、一般的には転職が多い人は物事に腰を据えて取り組んでいないというような印象をもたれがちです。当然、融資審査においてはネガティブ要素として判断されてしますし、銀行サイドも融資の条件の一つとして勤務歴が3年以上とか5年以上といった基準を設けています。

・仕事がリスキー
返済途中で利用者に何かあると融資したお金の回収は不可能になります。一般的には力仕事の肉体労働、交通整理などの警備員、交通事故のリスクと隣合わせのトラックドライバーなどは危険と隣合わせの仕事であり、離職率も高いので融資審査においては若干割り引かれる可能性があります。例えば銀行融資に有利な職業とされる公務員であっても、自衛隊の場合はリスクのある仕事で離職率も高いので割り引かれるそうです。

・事故情報が載っている
いわゆるブラックリストですね。返済が遅れたり、自己破産するなどして返すべき借金が返せてない状況があると、それらは事故情報として個人信用情報機関に登録されます。信用情報機関にこれらの事故情報が登録されていると融資の審査は99%通りません。『貸したくない』というよりは『貸さない』と言ったほうが良いでしょう。

上記のようなケースに当てはまるとなかなか銀行は融資してくれません。そうならないようにすることが大事なのはもちろんですが、良いポイントを積み上げておくことも大切です。例えば貯金をコツコツして一定額ためておくとか、借金を延滞なく完済するとかいったことです。特に、小口の借金をして完済するといったことを何度かしている人は、意外に審査時にプラスで評価されやすいようです。アメリカでは全く借金したことがない人よりは、借金⇒完済のサイクルを何度も回している人の方が評価が高く、日本でも同じような傾向があるという話ですからそういったことも頭に入れておいてお金のやりくりをしていくと良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ