銀行で受けられる融資とは

銀行は預貯金の管理だけでなく、集めた資金を運用するために企業や個人に対して貸し付けを行っていますが、この場合の融資とは大きく分けてプロパー融資信用保証協会の保証付き融資に分けることが出来ます。

融資とは貸す側にとっても貸し倒れなど多くのリスクを伴いますが、信用保証協会の保証付き融資では信用保証協会が保障することにより、万が一の際に債務の弁済を行います。これは業務実績の乏しい中小企業などの活動を活発化するため、国が保障を行うというものですが、公的な保証人がある場合は当然融資を行いやすくなります。

一方プロパー融資とは、銀行内部の調査を経て融資の是非が決められるという性格のもので、審査によって金利や貸し付け可能額が変動することはもちろん、場合によっては融資が出来ないということも当然起こりうるので、相応の事業計画と返済の現実性の証明が必要になります。

中小企業などには時に厳しい関門となるこれらプロパー融資ですが、最近では比較的低いハードルで融資が受けられるビジネスローンというものもよく利用されています。これは事業融資とも呼ばれるものですが、貸し剥がしや各種の融資制限などの弊害を取り除くために、積極的な融資を推進するものですが、事業者としては無担保など好条件で融資を受けることが出来るので、多く利用されている制度になっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ