銀行融資(カードローン)の最高額は?

個人向け融資として銀行がカードローンの取り扱いに本腰を入れ始めて何年も経ちます。
当初は100万円、200万円といった額が限度額の最高でした。個人が無担保で保証人も立てずに借りるわけですから100万円とか200万円の上限設定でも十分に高額融資の範疇でした。
(保証人は厳密には保証会社がなっています)

一方、消費者金融は個人向けの融資がメイン事業ということもあり、限度額をジワリジワリと上げていき、数年前には300万円あたりが一般的になっていました。当時、消費者金融といった貸金業者の多くは貸せるだけ貸していましたから、何もなければ300万円が400万円に、それが500万円にというようなステップをたどっていったかもしれません。

しかし、そんな個人向け無担保融資の市場にも変化が訪れます。

年収を基準に一定以上の貸付を禁じる規制が入ったのです。

この規制は個人に対する貸金業者の融資を厳しく制限する法律です。貸せるだけ貸していた貸金業者に対して自制を課した法律ともいえるでしょう。具体的には年収の3分の1以上の融資を禁じています。これにより、消費者金融では最高限度額を引き上げる意味がなくなってしまいました。なぜならこの規制があるかぎり、それほど多くを貸し付けるわけには行かなくなったからです。

例えば限度額の最高を500万円にしたとして、500万円の限度額を適用するには利用者は最低でも1500万円の年収がなければいけません。1500万円も年収がある人の多くは消費者金融のお世話にはならないでしょうから限度額を引き上げる意味が薄れてしまったわけです。

一方、銀行はどうかというと、銀行は貸金業法の対象外です。
つまり、銀行の場合は利用者の年収による法的な制限なしに融資をすることができます。ということは、借金が多くある人に対して500万、600万、あるいは1000万円といった融資をしても法的な問題はないわけです。

折しもカードローンを複数利用して多重債務状態にある人が増加していた時期でもありましたから、それらの人を借り換え需要として取り込んでいくには絶好のタイミングだったといえます。

今現在、銀行カードローンの多くは限度額を500万円にしていますが、住信SBIネット銀行やみずほ銀行を始めとした”借り換え需要取り込み戦略”をとっていると思われるところはより多くの融資ができるよう、限度額を800万円とか1000万円としています。

限度額800万円の銀行融資(カードローン)

銀行名 融資商品名 所在地
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 東京都千代田区
岩手銀行 カードローン〈エルパス〉 岩手県盛岡市
群馬銀行 ナイスサポートカード 群馬県前橋市
埼玉りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 埼玉県さいたま市
スルガ銀行 リザーブドプラン 静岡県沼津市
近畿大阪銀行 近畿大阪プレミアムカードローン 大阪府大阪市
紀陽銀行 紀陽銀行カードローン 和歌山県和歌山市
但馬銀行 たんぎんカードローン スピードポケットプラス 兵庫県豊岡市
四国銀行 フリーカードローン 高知県高知市
静岡中央銀行 しずちゅうCSカードローン 静岡県沼津市
みなと銀行 カードローン「Qポートネオ」 兵庫県神戸市
愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン 愛媛県松山市
長崎銀行 ながさきカードローン「プレミアA(エース)」 長崎県長崎市
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 東京都千代田区
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 大阪府大阪市
北海道銀行 カードローン ラピッド 北海道札幌市

===============

限度額1000万円の銀行融資(カードローン)

銀行名 融資商品名 所在地
横浜銀行 横浜銀行カードローン 神奈川県横浜市
大垣共立銀行 ザ・マキシマム 岐阜県大垣市
広島銀行 スーパーカードローンVIP 広島県広島市
鹿児島銀行 かぎんカードローンS(エス) 鹿児島県鹿児島市
北洋銀行 カードローン スーパーアルカ 北海道札幌市
仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」 宮城県仙台市
福島銀行 カードローン「グラン・フリー」 福島県福島市
トマト銀行 トマト銀行カードローン「Q-Li(キューリ)」 岡山県岡山市
高知銀行 こうぎんセレクトローン ZEYO 高知県高知市
南日本銀行 なんぎんWAZZECA(ワッゼカ) 鹿児島県鹿児島市
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 東京都新宿区
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン プレミアムコース 東京都港区

目下、日本の銀行カードローンで融資限度額最高が一番高いのは住信SBIネット銀行の1200万円です。これ以上の個人向け融資となると住宅ローンなどになってきます。それに、個人の多目的融資で限度額が1200万円ともなると返済の負担も馬鹿になりません。実際に1200万円の限度額を適用されるとなると、殆どの人にとっては現実味がない話だといえるでしょう。

しかし、限度額をチェックするのには別の目的もあります。
何かというと、それは金利水準です。

カードローンの金利は多くの場合、一律ではなく限度額のラインによって変わってきます。例えば100万円未満の限度額は15%、100万円以上200万円未満なら12%、200万円以上300万円未満なら9%といった具合です。

この金利水準が、限度額が高額なところほど低めになってきます。例えば限度額最高が300万円のところで100万円借りるのと、限度額最高が1000万円のところから100万円借りるのでは、1000万円のところのほうがより低金利で借りれるということです。

ゆえに、多くの人にとっておおまかなカードローン選びのポイントを言うならば、最高限度額がより高いところが良いということになります。

営業エリア関係なく日本全国どこからでも申し込めるカードローンであればみずほ銀行カードローンということになります。

オリックス銀行カードローンでの融資審査の概要

オリックス銀行はオリックスグループの信託銀行になります。信託銀行というのは、融資など通常の銀行業務に加えて、お客さんの資産の運用などを行う信託業務も行える銀行のことを指します。手広くやっている銀行というとらえ方で良いでしょう。
オリックス銀行はカードローン融資をはじめ、様々な手続きがインターネットからの申し込みに対応しています。仕事が忙しくて店頭まで出向けないという人でも自分の好きなタイミングで申し込みを完了することができます。
その他、オリックス銀行のカードローン審査について、ポイントをまとめてみます。

オリックス銀行の口座不要

基本的に銀行融資というのは申込時に口座を新規に開設しなければならないことが多いですが、オリックス銀行カードローンは新規口座開設が必須ではありません。持っている口座を指定口座としてカードローン融資の申し込みを行うことができます。

担保・保証人不要

担保と保証人は原則不要で申し込みをすることができます。保証人は不要とありますが、実際に融資を受ける場合はオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社が保証をしてくれますので、どちらかの保証を受けられる人ということになります。このあたりも他のカードローンと同じで、例えばSMBCコンシューマーファイナンスやアコムなど、大手消費者金融も保証業務を行っており、多くの銀行融資でこれらの会社の保証を利用しています。

金利は1.7%~17.8%

銀行融資に限らず、融資を受ける場合の最重要ポイントは金利です。オリックス銀行カードローンの金利は1.7%から17.8%となっています。大きな限度額で融資契約を結ぶほど下限の1.7%に近い金利で融資を受けることが可能です。
他の銀行融資と比べてどうかですが、下限の1.7%は他の一般的なカードローンよりもかなり低金利です。他のカードローンは銀行融資も含めて4%~4.5%というのがよくある下限金利の水準です。
一方、上限の17.8%は高めの設定といえます。一般的な消費者金融は18%が普通ですから、それと比べれば若干低いのですが、銀行融資のカードローンと比べればこれは少々高めです。
このあたりのことをどう評価するかは人それぞれで、例えば1.7%に着目するなら、『他のカードローンの多くは4%までしか金利は下げられないけどオリックス銀行なら1.7%まで金利を下げれる可能性がある』ということになります。

まとめ

まとめると、オリックス銀行カードローンの一番の魅力は申し込みやすいことが最大の特徴です。

また、下限金利の1.7%は平均的な銀行融資(カードローン)の下限金利よりも低金利です。可能性という観点で比較するならこれは非常に魅力的な数値です。
また、限度額最高800万円というのも実は隠れた魅力です。多くの銀行のカードローン融資は限度額の上限を500万円に設定しています。どんなに取引状況が良好でも500万円以上は借りられません。もし、借り換えなどで300万、400万といった高額融資を希望する場合も、限度額最高500万円で一杯一杯になるよりは減額額最高800万円で余裕を持っておきたいと考えるのが利用者の心理といえるでしょう。
また、審査に通るかどうかという点で見ると、ちょっとハードルは高めでもあります。年齢層でいえば30代~50代、安定的な収入があることが重要になってきますから、主婦の方、パート・アルバイトが収入源の方は少々厳しいかもしれません。安定的な収入があれば、自営業者であっても充分に可能性はあります。サラリーマンや公務員なら理想的だといえるでしょう。

申し込みについてもネット対応の銀行なのでインターネットから簡単に申し込みを終えることができます。

20160307062015

銀行の個人向け融資が受けやすい為の工夫とは?

銀行の融資には、受けやすい人とそうでない人がいる事は事実です。住宅ローンなどの場合は、年収や勤務形態、勤続年数などを考え融資の有無が判定される事が多くなっていると言われていますが、これは住宅ローンに限った話ではありません。銀行融資の中でも最近めっきりと存在感が増してきたカードローンもやはり収入や勤務先関連の情報次第で融資が受けやすかったり受けにくかったりします。
収入は少ないよりは多いにこしたことはありませんが、収入が多くても借金がそれ以上に多ければやはり融資審査は厳しい結果になってしまうでしょう。逆に収入がパート収入程度であっても他社からの借り入れがない、もしくは微小な場合は審査は有利に動きます

また、借金は多少あっても、車や不動産などの担保価値のある資産を持っていれば融資の可能性はぐんと上がるわけです。

こうした状況を踏まえ、銀行融資を勝ち取るために個人がより重視したいのが他社の借り入れ件数です。
銀行融資、特に個人向け融資の場合、他社からの借金が総額いくらあるのかということよりも、何社から借り入れをしているのかといったことの方がより重視される傾向にあります。

これは消費者金融などの貸金業者が融資判断をする際の重視ポイントと同じなのですが、一般的には3社程度までは融資可、4社以上から借り入れている場合は融資不可となるケースが多くなります。
もし、他社からの借り入れ件数が4社を超えているような場合は、既存の借り入れ枠を増額してもらうなどして借金総額は変わらなくても借り入れ件数は減らしておいてください。3社以下でないといけません。

銀行で融資を一本化!おまとめローンが人気

銀行では様々な融資を行っています。その中でも最近、多くの銀行が取り扱っているのがカードローンやフリーローンと呼ばれている多目的タイプの融資です。

この多目的融資の場合、住宅ローンやマイカーローンなどと言ったように融資目的が明確ではなくとも、お金を借りる事が可能になっています。一般には、生活費などの資金に充てるのが目的のケースが多いようです。

また、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで複数のカードローンやフリーローンを利用している人におすすめな融資商品に、複数の借り入れを一本化させる事ができるおまとめローンと言う融資もあります。

おまとめローンはどの銀行でも扱っているわけではありませんが、新たな借り入れができない”返済専用のローン”として借金に区切りをつけたい人から注目を集めています。

このおまとめローンは借金の一本化が目的の商品ですから、二社以上から融資を一本化させる事ができ、多くの場合、金利を低く抑える事も可能になっています。その他、返済日の管理や借金総額の管理なども行いやすくする事ができ、非常に便利な融資といえるでしょう。

ただし、このおまとめローンを利用する際は、新たに銀行での審査をクリアする必要があります。おまとめという性質上、必然的に融資額も高額になってきますから、誰もが利用する事ができると言う事ではありません。あくまで返済が可能なことが大前提になりますから、おまとめローンの審査は通常のカードローンなどよりも基準が高くなるとも言われています。

とは言っても、おまとめローンを利用する事でのメリットは非常に大きい事から考えると、是非とも審査に申し込みを行い、クリアする事がお勧めです。

銀行からの融資依頼の際に注意すべき点

20160301122518個人としてしか銀行と付き合いがない場合はあまり考えられませんが、会社を経営していると銀行から融資の依頼がくる場合があります。

「融資しますからなんとか借りてもらえませんか?」

というようなケースです。銀行は融資をすることで利息を得て利益を出しています。ゆえに、融資先を常に探しており、返済に問題のなさそうな会社には積極的に融資話を持ち掛けてくるわけです。

しかし、話をもらった方は果たして銀行融資に協力すべきかどうか悩むことも少なくありません。そこを見極めるためには、依頼してきた銀行との間で自社が借り入れの取引をやっていた、という実績を作っているかどうかが一つのポイントになります。

例えば、今まで融資を受けたこともなく、融資の相談などさえした事が無いような銀行から融資依頼が来た場合は、これを一つのきっかけとして融資を受け、借り入れの実績を作るという選択肢もあります。銀行は融資をしてなんぼですから一旦融資を受ければ大事な取引相手ということになり、その後の資金面での相談もしやすくなります。もちろん金額的に無理のない範囲でということになりますから、規模によって100万円から1000万円まで、自社の状況に応じた融資を受けるとよいでしょう。

しかし、その逆で借り入れの実績が既にある銀行からの融資依頼であった場合には、既に融資実績がありますからわざわざ融資を受ける必要性はないという判断もできます。金利面で既存の借入先よりもメリットがあるといったような事情でもない限り、無理に融資を受ける必要は無いという判断でも問題はないでしょう。

こういう点は判断に悩む方も多いと思いますが、自社の財務状況や銀行との関係もきちんと考慮して適切な決断を出さなくてはなりません。銀行側に新規の融資を断る場合でも、既存の借り入れ分に関しては、当然、試算表や資金繰り表などの重要な財務関係の資料を提示して、良好な関係を継続していく必要があります。頼られたとたんに横暴にふるまうようなことはないように注意が必要です。

断った際のアフターフォローをきちんとしておく事は重要であり、これをするかしないかで、後々の銀行との付き合いが発展するかしないかに関わってくるため注意しましょう。

銀行から融資を受けるには審査が絶対条件

当たり前のことですが、闇金に申し込む人が絶えないのであえて書きます。

銀行から融資を受けようと思えば、融資審査を受けないことには絶対にお金を借りることはできません。街金と呼ばれる貸金業者の中には、審査がない無審査融資をしているところがありますが、それらの貸金業者は例外なくおかしな団体であり、無審査でお金を借りることはあり得ないことと心得ましょう。そういうところはそもそも法律を無視していますので、いったん借りたら最後、あの手この手でお金を絞り上げようとします。最初に聞いていた金利が知らないうちに上がっていた、法定利息を超えていたなんていうことも当たり前のように行われます。

金融機関から本当にお金を借りたいと思っているなら、審査は当然のように受けることですから、本人確認書類や融資が必要な理由などを準備しておかなくてはなりません。

銀行などの融資審査は確認作業が主体であり、現時点で得ている収入、勤務先、過去の借入状況と返済状況、資産の保有状況などを勘案して決定されることになります。

銀行によって審査基準は異なっているので、落とされることもあれば、同じ条件で融資を受けられることもあります。融資を申し込んでいる人をどのように判断するかは各行の審査基準によってまちまちですが、個人向け融資であるカードローンの場合はアコムやプロミスといった大手消費者金融が保証をしている場合が珍しくないので、審査基準はそれらの大手消費者金融の与信基準とさほど変わらないともいわれています。

融資を受ける側があらかじめ準備できることは限られていますが、融資の審査を受ける前にしっかり確認を取っておいて、申し込みにおいて間違った情報で申し込まないように気をつけることです。特に借り入れ状況については銀行側にはガラス張りになっているので下手にウソをつかないことが肝要なのです。

銀行から融資を受ける時の金利の比較

銀行から融資を受ける場合、規模の大きさや経済などの動向で借りる額に含まれる金利は大きく変わります。最近ではマイナス金利導入で住宅ローンなどの金利はさらに下げられる方向であり、史上最低金利を更新し続けています。

都市銀行などの大きい銀行と地方銀行などの比較的規模が小さい銀行を比較すると、大きい銀行では利用するお客様が多い分、お金を借りる人が小さい銀行よりも多くなります。従って、大きい銀行では利息の割合(利率)を低くしても経営が成り立ちやすいといわれています。
一方、小さな銀行では利率の面ではあまり下げ幅は取れませんが、多少高めでも普段から密度の濃い付き合いをすることが可能であるために融資を受けやすい傾向にあるという見立てもできます。

このようなことを踏まえ、銀行融資を検討する場合には、住んでいる場所の近くにある銀行をいくつかピックアップし、銀行としての規模などを比較して自分の用途に合った借入先を探すとよいでしょう。闇雲に融資審査を申し込んでみても申し込み履歴も確認されますので、大銀行などは申し込みを立て続けにしているというだけでシビアな判断をする場合があります。よって、融資が下りるか心配な方はまず大銀行に申し込み、そこがだめなら地元の地方銀行というような順序で融資審査を受けるとよいです。

借りる側からすると少しでも審査が通りそうなところ、高い限度額を設定してくれそうなところに申し込みをしたいところですが、このことを判断するのは簡単ではありません。

実際には融資審査を申し込んでみて収入や職業などの条件(属性といいます)によって可決か否決か判断されます。一般のサラリーマンが得る程度の収入があれば十分審査に通ることもありますし平均以上の収入があるのにちょっとしか限度額が設定してもらえない場合もあるわけです。

法人が銀行から融資を受ける際の注意

事業を営んでいく上では、十分な資金を用意しなければなりません。特に、法人としての信頼を獲得するためには、資金不足というのは絶対に避ける必要があります。そこで、銀行から融資を受けることになるのですが、法人が銀行から融資を受ける際は、さまざまな点に気をつけることが大切です。やみくもに融資の申込をしても、銀行は簡単に貸し出してくれません。

まず、銀行と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。いわゆるメガバンクと呼ばれる大手の銀行もあれば、特定の地方での業務を手がけている地方銀行などもあるのです。どのようなタイプの銀行で融資を申し込むかによって、気をつけるポイントが変わってきます。メガバンクの場合は、しっかりとした資料を用意して、担当者を納得させることが大切です。

地方銀行に融資を申し込む際も、もちろん資料を用意したり、説得力のある説明をしたりすることは重要です。しかし、メガバンクとの大きな違いは、担当者と良好な関係を築くことができているかどうかで、融資の成否が変わってくる点です。特に、支店長などと接点を持つようにすると、成功しやすくなります。

また、これは銀行の場合に限りません。信用金庫も地元密着で営業をしていますから、普段からの付き合いの程度が融資審査の際はものを言います。こういう時のために不要な借り入れをわざわざしている経営者もいるくらいです。

いずれの場合でも、法人として融資を受けるためには、きちんと書類作成を行い、丁寧に説明していくことが重要なポイントです。

20160220160712

銀行で行う融資業務の仕事とは

銀行の行員が行っている融資業務には法人や個人に向けた金融サービスの提供があります。

事業資金の運用をするなどの用途で現金を直接的に借りたり、手形割引や住宅ローンなどを申請する場合に金融機関でサービスを受けられます。現金で借入れを行う場合、個人や法人がカウンターで申し込みを行って、行員と打ち合わせを行いながら審査や面談を行います。

行員は借入れ希望者の年収や職業などの条件を審査して、返済期間内で返せるかどうか判断しながら融資可否を決めます。返済できない相手に融資を続ければ銀行経営に大きな影響を与えますので、審査業務は信頼できるかどうかを判断する重要な仕事です。審査に通過した場合、希望者との契約を行い、融資額を入金する手続きに入ります。

法人の場合は個人より融資額が大きくなります。その際も基本的に見る部分は同じ、信用です。事業の概要やその事業の売り上げ、利益などを考慮しながら、決算資料や登記関連の書類などを元に遅滞なく返済してもらえるのかを推しはかります。売上は大きくても利益が少なかったり、不明朗な経費の使い方をしていたりするような場合は信頼性に疑問が残りますので審査は通らないか通っても希望額をグンと減らされることになるでしょう。また、借りる側は、担当業務に携わっている行員との良好な関係を築く意識も重要です。

銀行の融資を受けるために担保が必要?

20160217062504通常、銀行から融資を受けるためには、返せないときの対策をすることが必要となってきます。その代表的なものが担保だったり保証人だったりします。担保を出したり保証人を立てたりすれば銀行からお金を借りることが可能となるわけです。

担保とは融資されたお金を返済できない時に銀行側に取り上げられるものであり、多くの場合は借金している人が所有する不動産があてられます。銀行サイドは融資の回収ができないと判断した場合に法的手続きに沿ってこれを売却し、返済の代わりにすることが一般的な方法となっているので、当たり前ですが融資されたお金を返済しないと利用者は資産を失うリスクを抱えることになります。銀行融資が高額になる場合は、原則として担保の提出を求められるのが普通です。

20160217062626一方で担保を不要とする銀行融資もあります。担保が不要な場合というのは、カードローンのような個人向けの融資になります。

こうした担保不要の融資の場合は銀行サイドにとってリスクが高いものですから基本的にはあまり高額な借り入れはできなくなります。一応、銀行は高額融資を受けられるような形にはしていますが、カードローンで500万円を超えるような高額融資を受けるにはそれなりの貸付条件をクリアする必要があり、なかなか審査で通るものではありません。多くの場合は数万円~数十万円といった少額の融資枠から始まり、地道に返済を続けることで信用を付けていって高額融資が可能な枠へと増額してもらうというパターンになります。

このカードローンの場合は担保が不要ですが、完全に返済不能になってしまった場合の手立てがない状態だと銀行は大きなリスクを抱え込んでしまいます。そこで登場するのが保証会社です。

保証会社は文字通り借金の保証をしてくれる会社のことです。利用者が返済できなくなったとき、利用者本人の代わりに借金を銀行に返済してくれるありがたい会社ですが、利用者は返済相手が銀行から保証会社に変わるだけの話で、結局のところは借金したらいつまでも自分が責任を持って返済していかなければなりません。

そのため、カードローンの審査を申し込むと、銀行の行う審査とは別に、保証会社が行う審査にも通らないとダメなような形になっているケースが多くあります。また、保証会社がアコムやプロミスといった大手消費者金融の場合も少なくありません。この場合、銀行融資を申し込んだつもりでも実際の審査は消費者金融が担当していることになります。消費者金融を避けて銀行融資を申し込んだつもりになっていても、結局のところは消費者金融の保証の元にお金を借りているわけです。

また、担保や保証人のようなリスク補てんの方法としては保証料もありますが、これは銀行融資に限って言えばほぼありません。厳密には保証料を含めて金利を設定しているので、利用する側が保証料を別途支払うというケースは銀行融資に限って言えばあまりありません。カードローンの利率が担保を必要とするほかの融資と比べると高めなのはそのためでもあるといわれています。

最新情報

2017年10月21日
法人向け融資
法人の売掛金回収までの資金繰り~銀行融資とファクタリング
会社が資金調達をする場合に、銀行融資やビジネスローンなど、どの方法で資金を作るかお悩みの会社経営者の方もいます・・・
2017年8月9日
融資の審査関連
三井住友銀行の個人向け融資にはどんな商品があるの?
メガバンクといえば個人向け融資よりも、融資金額の大きい法人向け融資に特化している銀行というイメージをお持ちの方・・・
2017年5月9日
融資の審査関連
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの口コミ~審査スピード編
三菱UFJ銀行のカードローン融資商品『バンクイック』の口コミの中で、特に審査や融資実行までのスピードについて情・・・
2017年3月10日
業界ニュース
個人向け融資と法人向け融資、銀行の融資バランスを探る金融庁
ちょっと前に、金融庁が銀行の個人向け融資、とりわけカードローンの扱いに注力しているのを問題視していると報道され・・・
2017年2月17日
業界ニュース
銀行融資 個人頼み マイナス金利1年~日経新聞より
銀行融資が個人向け融資にシフトしていると日経新聞が報じました。 日銀がマイナス金利政策を導入してから1年がたつ・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ